スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 PINARELLO 発表!

2014ピナレロ 展示会情報です。

978037_470523833038221_1173.jpg
さて、2013年も半ばながら、ピナレロから2014年モデルの発表がありました。

まずは、大きな変更点から申し上げます。

FPシリーズ(UNO~QUATTRO)のネーミングが廃止されました。

■FP・UNOアルミ ⇒ NEOR(マイナーチェンジ)

■FP・UNOカーボン ⇒ RAZHA(マイナーチェンジ)

■FP・DUE ⇒ 継続なし(RAZHAがこれに相当) 

■FP・QUATTRO ⇒ MARVEL/ニューモデル

■ROKH ⇒ ニューモデル

■PARIS ⇒ ニューモデル

■Dogma65.1 ⇒ カラーチェンジ&継続カラー/構造的な変更点なし。

■Dogma K ⇒ ニューモデル

■GRAAL TT ⇒ 継続

■GRAAL Triathlon ⇒ ニューモデル(GRAALのカーボン変更)

■BOLIDE ⇒ ニューモデル (チームスカイ)

■SIBILO ⇒ ニューモデル (チームモビスター)


全てのモデルのヘッドベアリングが、一般的なアンギュラータイプに変更されました。
これで、ヘッドパーツ等のお手入れがしやすくなりました。
ニューモデルにつてはBBがPF30に変更されました。
今までのイタリアンンタイプBBは、対応BBが非常に限られておりましたが、これでそこは解消です。

以上が、大きな流れです。それでは詳細を説明します。


■ NEOR

NEOR.jpg

FP・UNOからのマイナーチェンジモデルになります。
名前とカラー・ヘッドパーツ変更となっています。

メインパーツ=シマノ・ソラ9S

完成車価格=¥179、000- (7月末)

■ RAZHA 24HMUD

2014RAZHA.jpg

FP・UNOカーボンからのマイナーチェンジ版で、ヘッドパーツとBB/FP30BB採用、カラーチェンジとなっています。

メインパーツ=シマノ・ティアグラ10S+105レバー

完成車価格=¥249、000- (7月末)

■ MARVEL 30HM12K

2014MARVEL.jpg

FP・QUATTROに相当するのがこのモデルです。
10年ほど前に存在したアルミモデルが、カーボンに変わって復活しました。

特徴的なのは、ドグマを踏襲したエアロフォルムONDA2Vフォークの採用。

THINK2も採用され、機械式&電動式のどちらもワイヤー内蔵に対応しています。

FP30BB採用

完成車価格

シマノ・アルテグラ/11S=¥439、000- (7月末)

シマノ・105/10S=¥359、000- (8月末)

シマノ・ティアグラ/10S+105レバー=¥299、000-/EZ-Fit共 (7月上旬)

カンパ・アテナ11S=¥459、000- (8月末)


■ ROKH 30HM12K

2014ROKH.jpg

新金型で登場です。

スタイルがどう変わったのか?並べてみないとわかりません。

意外と地味な存在ですが、買われた方に非常に好評なのがこのROKHです。
グランフォンドジオメトリーを採用し、乗り心地と安定感は抜群。ぜひ検討していただきたいモデルの一つに間違いありません。

THINK2も採用され、機械式&電動式のどちらもワイヤー内蔵に対応しています。

FP30BB採用

105完成車価格=¥359、000- (7月末)

■ PARIS 50HM1.5K

2014PARIS.jpg

カーボン素材はそのままに、新金型で登場です。

こちらも、ドグマを踏襲したエアロフォルムONDA2Vフォークの採用。

THINK2も採用され、機械式&電動式のどちらもワイヤー内蔵に対応しています。

FP30BB採用

完成車価格

シマノ・アルテグラ11S=¥479、000- (7月末)

フレームセット=¥389、000- (8月末)


■ Dogma65.1 65HM1K

2014dOGMA65HM1K_01.jpg
2014dOGMA65HM1K_02.jpg

カラーチェンジ&継続カラー/構造的な変更点なし。
BBもイタリアンタイプのネジ切りとなります。

フレーム価格=¥539、000-(ネイキッド=カーボンカラー)

その他カラーはアップチャージとなります。これは、塗装工程に非常に手間がかかるためで、価格の差は手間の差と理解してください。

※ハイドロ(ディスクブレーキ仕様)は発売時期未定

■ Dogma・K 65HM1K

2014DOGMA_K.jpg

2014DOGMA_K_02.jpg
2014DOGMA_K_03.jpg

カーボン変更(65.1)&Think2&PF30でのモデルチェンジ。

こちらも地味なモデルですが、所有者からは非常に評判の良いお勧めモデルです。

フレーム価格=¥561、000- (年末頃?)

※ハイドロ(ディスクブレーキ仕様)は発売時期未定

■GRAAL Triathlon  

2014GRAAL_TRI.jpg

ニューモデルということですが、GRAAL・TTのカーボン変更バージョンです。
カーボントン数を65.1から30トンに変更することで、乗りやすさの向上と価格を抑える事が出来ました。

アマチュアライダーのパワーであれば、このカーボントン数で充分なのかもしれません。

フレーム価格=¥390、000- (受注発注)

■DOGMA65.1 Paul Smith Limited Edition

DOGMA_SMITH01.jpg
DOGMA_SMITH.jpg
 
世界限定16台!

お値段は・・・¥1、650、000-


ご希望があれば、お早めにご連絡ください。

2014モデルは、2013モデルに比べて全体的に2割ほどの価格アップになりました。しかし、2~3年の前の価格と比べれば、決して高くなったということではありません。為替の変動から考えれば仕方がない数字でしょうか?
どうしても2013年モデルのお値段と比べてしまいますので、高くなった感じはぬぐい捨てることはできないかもしれませんね。

しかし、2013年モデルの在庫がが店内もしくはピナレロジャパンにも幾らかございます。
ニューモデルでなくてもいい方は、キャンペーンをやっている今がとてもお買い得です。

また、2014モデルのご注文につきましては、
7月14日までにご注文いただいた方には特別条件をご提示させて頂きます。


この発表からは、2013モデルの動きも早くなることかと思います。
PINARELLOを買うなら、一日でも早いご注文をお勧めします。

いつ買うの?・・・今でしょ!

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。