スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく、デュラエース9070Di2が入荷してまいりました。

早速組付です。
といっても、今回はアルテグラ6770とのミックスです。

ある意味、これはデュラエースオンリーで組み付けるよりも興味深い部分かもしれません。

先ずは、入荷してきたデュラエース9070とアルテ6770との比較から。

DSC04796_20130319204747.jpg

フロントメカは、並べてみるだけでその大きさの違いがわかると思いますが、重ねて見ると更に驚きます。

DSC04797.jpg
(ピンボケですいません)

リアメカはというと・・・

DSC04806.jpg

DSC04807.jpg

こちらの大きさも、かなり違うことがわかると思います。

どちらも決して小さいとは言えませんが、ゾウとサイ?、ゾウとカバ?位の違いがあります。

興味深いところは、11Sの9070と10Sの6770がミックスで使えるところです。

今回のTTマシンは、通常のブレーキレバーを使っていません。

DSC04787_20130317202852.jpg

9070のTT用レバーとTTバー用スイッチ、それに6770のメカセット。

それを新システムのジャンクションAで接続します。

DSC04800.jpg

そうすると・・・・ア~ラ不思議!

10Sの6770アルテがちゃんと動くじゃあ~りませんか!

今回は先日記載したとおり「ビルトインバッテリー」を使用しました。

891953_422334651190473_1477667691_o.jpg
DSC04789.jpg

バッテリーの充電には、ジャンクションAを経由して、専用充電器から充電します。

DSC04804.jpg

専用充電器はUSB接続になりますが、パソコン経由だと時間がかかりますので、ACアダプターからの重電が早くて便利です。


話は変わりますが、実は私、電気の専門家なんです。

発電所や工場の電気管理の資格を持っています。電気工事店も経営できます。もちろん図面だって引けます。

そんでもって、自転車の整備士、バイクフィッター、インソールエキスパートなどの資格も持っています。

そうなると、Di2やEPSはやっぱりDADDYでしょ!ねっ!?

とにかく、Di2システムをカッコ良く仕上げたのなら、DADDYにお任せください。

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

はじめまして。GIANT TRINITY2010に乗っている者です。10Sアルテグラを用いDi2化しようしましたが、ジャンクションA及び9070TTブレーキが認識されず途方に暮れていたところ、このブログにたどり着きました。簡単に繋げたように見受けられましたが、ソフトウエアの書き直し等一手間を加えないと認識されないのでしょうか?

No title

恐れ入りますが、お手元にある商品の使用方法につきましては、ご購入先の店舗様にご相談ください。

No title

DADDY様独自のノウハウが無いと難しいのかな?と思い相談させて頂いた次第です。気分を害したとしたら申し訳ございませんでした。Di2のプログラムをアップデートするだけで簡単に接続する事が出来ました。

No title

販売店との良い関係を築いて頂く事が大切だと思っていますので、先ずはご購入先の店舗様にご相談されることが一番だと考えています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。