Mamma mia!

今日は久々のロードレース。
鈴鹿Cリーグレース/エキスパートクラス(未登録者上級)にエントリー。
前夜の食事は、もちろんパスタ。

朝4時起床(本当は4時出発予定)。4時半に出発。
AM5時(レース4時間前)。サンドイッチとおにぎり1個を捕食。
AM5時40分頃に鈴鹿サーキットに到着。(おまわりさん御免なさい)
AM6時半。ウォーミングアップ。サーキットを4周。
シマノ鈴鹿よりもゴール位置が遠いため、入念にスプリント距離をチェック。
7時半(レース1時間半前)。バナナ2本を捕食。
ストレッチとマッサージオイルでのマッサージ。
AM8時(レース1時間前)。カーボショッツ1個捕食。
AM8時半(レース30分前)。パワージェル1個を捕食し、再度ウォーミングアップ&レース出発。
ボトルにはトリプルカーボ2袋/500cc。
とことん、炭水化物を摂取。

AM9時5分にレースはスタート。
エキスパートクラスにエントリーも、「人数が少ない」を理由にエリートクラス(登録者上級)との混走レースとなった。
しかも、オープン参加のスキルシマノやマトリックスといったプロや実業団上位選手も一緒に走ることに・・・(合計36名?)
「え~~~~、聞いてないよ~。」と叫んでも後の祭り。仕方なく腹をくくる。
DSC04798.jpg

スタートと同時にスキルシマノの選手の後ろに廻り込む。
ペースの上がるレースでは、前に居ることが鉄則。中切れはいただけない。
1周8分、平均時速42kmほどでレースは流れる。
中切れで足を使うことを嫌い、常にスキルシマノの選手をマーク。
DSC04803.jpg

(4周目、顎に手をやり余裕をアピール)
もちろん常に先頭付近。したがって先頭も廻ってくるが、長くは引けない。(引かない)
引かないのは、あくまでも「エキスパートクラス」の選手との勝負。
スキルシマノの選手と勝負するつもりは無い。
集団はどんどん小さくなり最終周へ。
ホームストレートののぼりを、時速42Km以上でグングン進む。
シケインを超えても休むこと無く踏み続ける。
もう限界と思ったバックストレートで牽制が入っての蛇行。
追いついて一安心も、スプーンカーブ過ぎでさらに再加速。
苦しい。前をチェックすると、同じクラスの選手は居ない。
つまり、敵は視界に無い。ここで無理をして後ろから食われるよりも、後ろに下がってゴールスプリントに持ち込むほうが有利と判断。
徐々に前を空けて後ろの選手を呼び込む。
ヘアピン前で5名ほどの選手が前に。エキスパートクラスが3名。
3名なら、問題なくゴールスプリントで仕留められる。
オープン参加、エリートクラスの選手は無視して最終コーナーへ。
獲物は目の前。ゴールまでの長いのぼり。前は伸びない。
「遅い」と感じたが、無理をすることは無いと考え、ゴール直前で3名を一気に交わして両手を挙げてゴールイン。
DSC04810.jpg

(後ろに居るのは、エキスパート3位と4位、エリート2位の選手。)
楽勝のゴールスプリント。
ピットに戻り汗を拭いていると、浮かばない顔で妻が近寄ってきた。
「2位だよ・・・」「手を挙げたから、気付いてないと思って・・・」
「ええええええええっ~~~、うそ~~~~~~~~~~~~~。」
「すぐ前に一人居たよ。」
「はあ????????????????????????」
そう、写真に写っている黄色いジャージの選手が1位の選手。
写真で見ての通り、自分の死角側にゼッケン付いていた(エキスパートはオレンジで、エリートとオープン参加は白)ので、まったく気付かなかった。
自分の中では「抜かなくて良い選手。」だったのだ。
「気付いていれば、もっと早く仕掛けていたのに・・・」
「Mamma Mia!」「Oh My God!」「なんてこった!」と思っても後の祭り。
最終周回・平均時速44km/全周回平均時速43km/結果2位
結果は、事実だけしか残らない。
せめてもの救いは、エリートクラスの2位選手よりも早かったこと。
BR-2クラスの選手よりもも早くゴールできたことには、43歳のオヤジにとってはうれしい。
さえない顔での表彰式。
DSC04816.jpg

そう、目標はあくもでも「ツールドおきなわ」。
「こんなところでせこいレースをして満足してんるんじゃ無いぞ!」との神様のご忠告かもしれない。
これから3週間。
「神様。もっと早く言ってよ!」・・・
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する