Time Xpresso

2013 NEW!

Xpresso12_27.jpg
Timeから、2013モデルの新しいペダルが発売されます。

その名も、Xpresso

当店のお客様で「Time」のペダルを使用している方は極端に少ないのですが、巷では大変に人気のあるペダルなのはご存知でしょうか?

特に「乗り込み型」の選手が愛用するペダルで、「膝に優しい」事が特徴と言えるペダルです。

その特徴を簡単に説明すると・・・

ビンディングペダルの元祖「LOOK」はつま先を支点に踵側が左右に動く構造となっています。

対する「タイム」は、ペダル中心(母子球あたり)を中心に、つま先側も踵側も左右に動く事が特徴です。

そもそも、「固定したシューズが左右に動く」のは何故か?

ビンディングペダルが発売された当初の「LOOKペダル」は、左右に動く構造ではなく、完全固定でした。
しかし、これが「膝に負担が掛かる」と言うことで、つま先を支点に左右の遊びを作る構造の赤・グレークリートが発売されました。
そもそも「足の動きは、踵を中心につま先側が左右に動く」方が自然です。
そこで、「Time」は踵を中心に動く足の動きに近いペダル(つま先側が動く)を発売しました。
更には、左右に平行移動してQファクター(ペダルの踏み幅)も自動調整する機能も盛り込みました。
これが長距離を乗り込む選手達には好評で、Timeの愛好者はどんどん増え行きました。
しかしその反面、ダイレクト間が弱く、スプリンターには不評でした。
※因みに我が家では、スプリンターの私は「LOOK」、長距離タイプの妻は「Time」を愛用しています。

さて、その「Time社」が新発売したのが、Xpresso!

Xpresso12_27.jpg

現行の「ICLIC2」のクリートがそのまま使えます。

「ICLIC2のちょっとゆるい感じ」を少しビシッ!とした感じに仕上げられているそうです。

ラインナップも、Topモデルの「カーボン/チタン」~廉価版の「樹脂ボディー/クロモリシャフト」間で5種類。

Xpresso12_27_20121025215010.jpgXpresso20820carbon_28.jpgXpresso6_29.jpgXpresso4_30.jpgXpresso2_31.jpg

膝痛で悩んで居る方や、長距離をストレスなく走りたい方に是非お試し頂きたいペダルです。

※入荷時期は・・・10月25日現在未定。追って公表いたします。

タイム Xpresso 12 Titan Carbon
■ペア重量:155g
■ボディ素材:カーボンコンポジット
■シャフト:中空チタン
■価 格:31,500円(税込)

タイム Xpresso 8 Carbon
■ペア重量:195g
■ボディ素材:カーボンコンポジット
■シャフト:中空スチール
■価 格:31,500円(税込)

タイム Xpresso 6
■ペア重量:205g
■ボディ素材:コンポジット
■シャフト:スチール
■価 格:12,600円(税込)

タイム Xpresso 4
■ペア重量:224g
■ボディ素材:コンポジット
■シャフト:スチール
■価 格:9,450円(税込)

タイム Xpresso 2
■ペア重量:220g
■ボディ素材:コンポジット
■シャフト:スチール
■価 格:7,350円(税込)

尚、現行の「ICLIC2」も併売されます。
より優しいペダルをご希望の方は、「ICLIC2」もご検討ください。

DADDYにテストペダル(ICLIC2)があります。是非お試しください。

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する