スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の、シューズ交換。

DSC00164.gif


咳は相変わらず止まりませんが、ジッとしていては体は鈍るばかり。

太らない程度に、週4日ほど乗るようにしています。

さて、今日はニューシューズのシェイクダウン!

皆さんは、どれくらいの頻度でシューズを交換しますか?

私の場合、シューズは年に1足。(プラス、テストで1足)

まじめに1年も使えば、シューズは伸びてしまいますからね。

シューズが伸びると言うことは、ちゃんと引き足が使えている証拠でもあります。

伸びたシューズは、マジックテープやラチェットをキツク閉めないとフィットしなくなり、そのせいで血行が悪くなり、結果足がしびれたりまします。

私の場合、マジックテープやラチェットは足にフィットする程度で、決して「締める」と言った止め方はしません。

ちゃんと足裏にフィットするインソール(シダスがお勧め!)を使っていれば、そんなに強く締めなくても靴はフィットしてくれます。

それでも、一年も経てばシューズはものすごくヘタリます。

新品を履いてみれば、その差は誰にでもわかります。

昨年はレースにも出ず、自転車にもあまり乗らなかったので靴の新調はしませんでした。

と言うことで、2年振りの靴の新調です。(ありえない)

シューズの新調=クリートの新調と言うことに成りますが、私の場合はクリートの交換時期とシューズの交換時期はほとんど同じなので、クリートのみを交換すると言うことはありません。

クリートの交換時期=シューズの交換時期。

1シューズ・1クリートということになります。

シダスインソールも当然交換です。

さてクリートの交換ですが、同じシューズなら「コピー」するだけですが、メーカーが変わるとそう言うわけにはいけません。

1mm移動して、走って、止まり、1mm移動して、走って、止まり、トライ&エラーの繰り返しで位置を決めていきます。

位置が決まったら、マーキングします。

マーキングは横位置だけでなく、縦と斜めをマーキングしておくとセンターがピッタリ出ます。

DSC00158.gif

これなら、もしクリートが動いてしまってもキッチリと直すことが出来ます。

靴が新しくなったら、次はフレームですね。

練習嫌いの私は、常にアイテム交換がモチベーション維持の特効薬です。

「年内復帰!」を目指してがんばります!

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。