スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

な~んだ!?

さて、「箱の中身は、なんだろな?」。って判る人は居ますか?

DSC06403 (477x640)
今日は定休日ですが、段ボール箱が10個ぐらい届きました。(@_@;)

その中の箱2個の写真です。

さて、中身は何でしょうか?

答えは・・・・

DSC06405 (640x460)

Giroのシューズです! ←クリック!

これは全部、試し履き会でのご注文品!・・・ではありませんが、試し履き会で非常に好評だったので、人気の高かったTRANSを中心に、ノーマルバージョンとHV(ハイボリューム)バージョンの24Cm~27.5Cm、全部のサイズを取り揃えました。

特に人気のTRANSは \23,625 (本体価格 \22,500)と、カーボンソールを採用するシューズの中ではかなりリーズナブルな価格に設定されています。

くどいようですが、全サイズ取り揃えています!

ご来店の際には、是非お試しください。


話は変わりますが、現在DADDYでは多数のシューズを取り揃えています。

現在在庫のシューズは・・・

・Giro 
・SIDI
・SHIMANO
・MAVIC
・PEALIZUMI
・GAERNE
・BONT
・suplest

と、片田舎の小さな店では考えられないほどのシューズを在庫しています。
(その他、取り寄せであればもっと多くのシューズをご用意できます。)

勿論、こんなに在庫したら儲けはありません。商売をしている人には直ぐに判る筈です。

でも、ここは譲れません。

自転車に乗る上で、絶対に妥協をしてはいけないものがシューズだと私は考えています。

考えていますよ言うより、元プロ選手として絶対に譲れないこだわりがあります。

シューズは、自転車にパワーを与える一番大切なところです。

ですから、妥協をせずに選ぶことが大切です。

「日本人向け」といっても、皆がそれぞれ違う足の形をしています。決して、「日本人向け」として作られたシューズが合うとは限りません。ですから、いろいろなシューズを試してみてください。
勿論、それでも最初から100%フィットするシューズはなかなかありません。
ですから、シダスインソール/バキュームシステムをご用意し、あなたの足にぴったりのシューズをご用意出来る様にご準備もしてあります。

そこの貴方、靴に足を合わせていませんか?

靴とインソールのことなら、是非DADDYにご相談ください。

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。