スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006ツールド新城

今日は今季初のレース参加。
距離は26Kmと長くないが、周回数20回とちょっとめんどくさい。
調子は上がってこないが、そろそろ思い重い腰を上げないと今シーズンはエンジンが掛からないまま終わってしまう。
今日は様子見。一緒に走るメンバーに勝ってもらえば良い。
どれくらいアシストできるかが今日の課題。

5時15分頃起床。前日は11時半頃まで仕事。1時過ぎに就寝。眠くてたまらない。
目を覚ますために、グレープフルーツジュースを一杯。
5時半に店に着き、テントやら自転車の積み込みを開始。
雨の予報も裏腹に、どうやら暑くなりそうだ。
準備に時間が掛かり、出発は予定の20分遅れの6時20分。
近くのサークルKで、朝食・捕食・水などを買い込み出発。
レース4時間前。サンドイッチとバナナ、カフェオーレで朝食。
新城到着はほぼ予通りの8時頃。テント張り、自転車の準備。
DSCF2301.jpg

レース2時間前。ストレッチ開始と共にスポーツバルムを塗りこむ。
いつも痛みが出る部分にはウルトラバルム(グリーン2)、その他の場所はグリーン3。
DSCF2190.jpg

レース1時間半前、8時50分頃ウォーミングアップ開始。
乗車前にパワージェルを2個補給。40分ほどでアップ終了。レース50分前。
その後、レース直前までストレッチ。
スタート10分前。カーボショッツ2個を補給。ボトルにはトリプルカーボ半分。40分ほどのレースならこれくらいで大丈夫だろう。

まもなくスタート。1.3Km×20周/26Km。
スタートリストには13名。2名DNSで11名のレース。
しかし、知らない人ばかりでどれくらいのレベルか全く見当が付かない。
とりあえずは10周位は様子見。
スタート!
いきなりペースが上がる。中段で様子を見るが、なかなか先頭が回ってこない。
狭いコースなので、後ろに下がることを嫌っているようだ。
途中3~4番手まで位置を上げるが、すぐに追い上げに合い後ろに下がるパターン。
これくらいの人数なら、位置にこだわることも無いが中切れには要注意。
10周ほど周回を終えると、さすがに先頭で交代していた人たちも疲れて様子で、徐々にペースが下がる。
ここまでの心拍は150~170程度。ほぼAT値以下で、まだまだ余裕。
DSCF2247.jpg

いつまでも先頭を任せるわけにもいけないので、何回か先頭をひくことに。
周回を重ね残りも後5周程になってきた。
周りも殺気立ち、みんな位置取りに必至なようだ。
ここまで来て落車ではしゃれにならない。コーナーは常に余裕を持って慎重に。
最後の2周。YK君の後ろに下がり、ETさんをアシストしようと後ろを見たがETさんの姿が無い。
YK君も余裕が無いという。既に最終周回。先頭グループから少し離れている。
仕方ない。俺が勝負だ。
非常にタイトなコーナーだが、みんな立ち上がり速度が遅い。
前には6~7名。この人数なら1周有れば片付けられる。
一気にペースを上げ先頭グループに追いついた。
追いついた途端に一人がアタック。
少し様子を見たが、少し行くと一番急なカーブでクラッシュしていた。
そこで2名パス。
最後の登りカーブ。前の選手がスパート。
すぐに反応し、残りの選手を全部パス。
最終コーナー、残り100mm。2番手。
先行する選手が1段アップ。その瞬間、「勝った!」と実感。
ここで1段しかアップできないと言うことは余裕が無い。
こちらにはまだ2~3段掛ける位のの余裕はある。
コーナー立ち上がりから一気に仕掛けてゴール。
DSCF2263.jpg

「ん~ん、勝っちゃった!」・・・
DSCF2278.jpg

今回はあくまでもTESTだが結果ヨシ。
レース勘は鈍っていない。
しかし内容に乏しく、勝った所で嬉しくも無いし充実感も無い。
仕上がりは50%程度?
昨年までと比べても仕上がりはまだまだ。
沖縄まではあと4ヶ月。
そろそろ本腰を入れてトレーニングをしないといけない。。。
コメント

>勝った所で嬉しくも無いし充実感も無い

なんと言いますか・・・・

>内容に乏しく・・・
と言うことです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。