2010 シマノ鈴鹿 1日目・・・其の二。

初日(2010/08/29)の2レース目は、オープンⅠ・・・。
先のオープンⅡの大敗で、全くやる気が起こらない。

このまま走らずに終わろうかと真剣に思っていたが、「コレを走らなければ沖縄までレースを走らない事になりレース感が戻らないだろう」と思いな直してスタートラインへ。

周りを見渡すと、オープンⅡとはまるで雰囲気が違う。

いわいる「吊るしジャージ」を着ている連中が多い。

「吊るしジャージ」とは、チームジャージなどのオリジナルジャージではなく、お店に吊るしてある既製品のジャージの事。

つまり、チームなどに所属していなく、「いつも一人か友達と」等と言った集団走行の訓練がなされていない事を示すジャージだ。

危険な香りがいっぱいのレースだ。

そして、レースはスタート。

やはりスタートをしてみると、選手間の距離が遠く、唐突な動きをする選手が多い。

あちらこちらで声が上がる。恐ろしくデインジャラスなレースだ。

自分としても、今年はトレーニング不足&レースに出ていない事もあり、暫くは集団内で様子を見ることに。

それでもたった3周のレース。超のんびりペースで、息を切らす事も無く、あっという間にゴールが近付く。

「最終コーナー5番手以内であれば勝負になる。」

上手く位置取りをして最終コーナーへ!

「さあ、スピードが上がる!」と思ったその瞬間!

スピードは上がらず、また失速・・・・。

そこを、後方右側から仕掛けられる。

慌てて追ったが、既に距離がある。

渾身の力で、ペダルを踏んだ。

だんだんと距離が近付く。

そして、直ぐ目の前。

やっと追いついた!

その瞬間・・・ゴール!

と言う事で、交わす事は出来ずに2位敗退。

コレで、本日2戦連続の最終コーナー失速。

全く同じパターンでの負け。

理由は簡単・・・練習不足による、自信の無さが原因の消極的過ぎるレース運び。

少しでも短い距離でスプリントに入ろうとして負けている。

理由はどうであれ、結果が全て。それが今の力。

DSC00914.jpg

レース後にミ~ちゃんから、「お父さん、負けちゃったね~」の厳しい言葉。

DSC00916.jpg

しかし、自分が思っているほど弱くも無い。

さあ、明日。仕切り直し!

明日こそ、「カッコイイお父さん」を見せなくちゃ!

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する