La PINARELLO Vol.5

ツアー5日目・・・7月20日(火)/ピナレロ本社見学&フリーツアー。

DSC00668_20100811231856.jpg

DSC00674.jpg
午前のピナレロ本社見学の時間まで、自転車に乗ってカロリー消費です。

DSC00658.jpg

周辺には小さな町が点在し、その町々に教会と鐘楼があります。

DSC00659.jpg

私の宿泊するホテルから、一般ツアー者の泊まるホテル(ルライス・モナコ)へと向かいました。
コチラは、以前のツアーで利用したホテルです。
地図無しで、感に頼ってのサイクリングでしたが無事到着。
コレも、神のお導きでしょうか?

DSC00662_20100811231859.jpg

コチラのホテルは、裏庭にプールや広い芝生のあるリゾート系ホテル。

DSC00665.jpg

ホテルの正面には、500mに渡るブドウ畑が広がります。

DSC00666.jpg

その後、バスに乗ってピナレロ本社へ。

DSC00668_20100811231856.jpg

ここへ来るのは、コレで5回目。
最初に来た時は昔の社屋で営業しており、新社屋は完成間近でした。

そして、午後からのフリータイムを利用してベネチアへ・・・

ツアーオプションでヴェネチアツアーがありますが、団体ツアーは面白くないのと、¥23,000-(約200ユーロ)と少々お高いので、格安DADDYツアーを敢行。

DSC00674.jpg

トレヴィーゾ駅から電車に乗って30分ほどでベネチアに到着。

私はこれで、3回目のヴェネチア。

切符は、「○○駅~△■駅」と言う風ではなく、行き先の駅を言うと、そこまでの距離の切符が発行されます。

因みに、「トレヴィーゾ~ヴェネチア」は30Km切符、往復で5.9ユーロでした。日本の半額程度かな?

DSC03800_20100812111549.jpg

駅に、改札はありません。自分で打券器で「いつ・どこで乗ったか」を記録します。

DSC03797_20100812111550.jpg

これが無いと、電車内で罰金を払う事にもなりますのでご注意下さいね。

皆さんも、イタリアに行ったら是非電車からの車窓を楽しんでください。

DSC00676.jpg

ヴェネチアでは、「バポレット」と言う水上バスで移動します。

DSC00679.jpg

ここでは、切符は時間で買います。

12時間、24時間、36時間等等、時間内には何回でも乗れます。

DSC00683.jpg

まるで、おとぎ話の世界に飛び込んでしまったような景色。

DSC00681.jpg

ここでは、船が主役。色々な船が行きかいます。

DSC00688_20100811232743.jpg

ヴェネチアで最初に出来た橋、リアルト橋。

DSC00696.jpg

コレは、水上タクシーです。

DSC00701.jpg

そして、ゴンドラ。

DSC00706.gif

サンマルコ広場で下船し、直ぐにジェラートを賞味!

DSC00708.jpg

そして、有名な鐘楼とサンマルコ広場。

DSC00726.jpg

DSC00747.jpg

リアルト橋からの景色も絶景。

DSC00749_20100811233002.jpg
DSC00751.jpg
DSC00753.jpg

ゴンドラに乗るときは、ちゃんと値段交渉をして乗ると安く乗れます。

DSC00756_20100811232958.jpg

ゴンドラの上では、周りの雑踏からかけ離れた静かなひと時が過ごせます。

DSC00765.jpg

ゴンドリエーレと色々な話をして居ると、「君は、ヴェネチアに住んでいるのかい?」と聞かれました。

どうやら、私の事を「ツアーコンダクター」だと思っていたようです。

DSC00773_20100811233215.jpg

後の写真の説明は必要ありませんね。

DSC00779_20100811233214.jpg
DSC00781.jpg
DSC00783.jpg
DSC00790_20100811233210.jpg

食事はここで・・・

DSC00791_20100811233427.jpg

Osteria Antico Giardinetto   HP  口コミ情報

DSC00792.jpg
DSC00794.jpg
DSC00797.jpg
DSC00802.jpg
DSC00804.jpg

ご覧の通りです。

結局使った金額は、電車・5.9(EUR)+バポレット・16+帰りのタクシー8・+ゴンドラ・20=49.5EUR

食事代金=50EUR(酒代込み)。

結局、ツアー料金が約30ユーロ。ゴンドラを入れても50ユーロ。

食事や酒を入れても全部で100ユーロ(約¥11,500-)と、その他お土産代金也。

よく、「ヴェネチアは値段が高い」と言われますが、それは観光客相手のお店だけ。

一歩奥に入って、地元の人の居るところまで行けば、日本よりも安く楽しめてしまいます。

因みに、缶ビール500ml=2ユーロ(¥230)でした。

と言うことで、格安のDADDYツアーは無事終了!



それでは・・・アディベデルチ、チャオ!

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する