スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIKE FIT講習会

セッティングの更なる勉強に行ってきました。

DSC00846.jpg
8月4日(水)、BIKE FIT社(米)のクリートウェッジを使用したバイクフィッティングの講習会に参加してきました。

ph_cleatwedge01.jpg

講習会は、主にバイクフィッティングに携わるショップ関係者向けに開催されており、今回(毎回)3名の受講者がフィッティングをする側とされる側に入れ替わり、フィッティングの実戦を学びます。

今回のセッティング講習会のでは、レーザー照射器を使って膝が真っ直ぐに上下するようにセッティングする事を学びます。

特に、私は今まで人にセッティングをしてもらった経験は無く、どれ位変わるものかがひとつの興味でもありました。

先ずは、膝の角度を測り、サドルの高さが適正であるかどうかを計測します。

DSC00859.jpg

結果、高さには問題が無いものの、足の長さの左右差に問題があることが確認されました。

しかし、それは私には最初から判っていました。

ただ、どうしたら一番良いのかが判りませんでした。

そこで、高さ調整用のシムを入れてクリートを取り付けることに。

DSC00857.jpg

これらは全て、トレーニングの為に他の人が行います。

更に、足のひねりなどを確認します。

DSC00866.jpg

そして、足の角度を調整する為のクリートウェッジを取り付けます。

DSC00879.jpg

こんなにすごい事になってしまいました。

DSC00858.jpg

他にも、レーザーを当ててのクリート位置確認なども行いました。

DSC00874.jpg
DSC00873.jpg

そして、膝が真っ直ぐに上下するかを確認します。




綺麗に、上下動するようになりました。これで、パワー効率が上がります!

今まで、皆さんのペダリングを後ろから眺めて色々言って来ましたが、コレで対処法がつかめました。

POLARのCS600X等で、左右のパワー差を確認されている方などにはお勧めでは無いでしょうか?


更に、上半身のチェックです。

DSC00849.jpg

最終的に、サドルの高さ&前後位置ともOK!

ハンドル位置を若干調整する程度で終わりました。

しかし、一番の問題点は・・・

写真の見ての通り「おなか周り」のボリュームです。

コレはいけません。問題外です!!

改めて、自分を再確認する事のできる講習会でした。

今回の様子は、サンメリットのブログで紹介されています。

そして、BIKE FIT SYSTEMS社のフィッティング理論を熟知したプロフィッターとして認定をして頂きました。


そして・・・

レーザーレベル照射器(3台)を手配いたしました。

明日にでも、新しいセッティング技術をお披露目する事は可能です。

しかし、実際のセッティングには、相当な時間と労力が掛かります。

その為、飛込みでの作業は出来ません。


予約のみとさせていただきます。

改めて、そのご連絡(時間・価格)をさせていただきます。

ご希望の方は、是非ご連絡下さい。

皆さんの、よりレベルアップの為に・・・DADDYは頑張ります!

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

確かに、お腹廻りの筋肉?が十二分に発達していますね~この筋肉は僕もそうなんですが発達こそすれど痩せる事はしないので困ったもんです。

No title

セッティングよろしくおねがいします!

呑みすぎ、食べすぎ

お腹周りは
GFで食べすぎ、呑みすぎのつけでしょうか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。