スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨天中止・・・

日曜の練習会は雨天中止となりましたが・・・
雨が上がった午後からは、皆さんゾロゾロと店に集まって来ました。

集まった時間帯に合わせて、それぞれが思いのままに出発。あちらこちらに散らばっていきました。
帰ってくると、「どこどこで誰誰さん見たよ」なんて話でいっぱい。皆さん、雨が上がるのが待ち遠しかったようです。
そんな中、早速新車に乗っての登場は・・・

DSC01522.jpg

バッチリ決まっています!

さて、話は変わってお仕事編。

最近、売れるものや仕事の内容が、不思議なほどパターン化しています。
完成車が売れるときには完成車が続けて売れ、フレームが売れるときはフレームが続けて売れ、ホイールが売れ出すとホイールが続けて売れる。オーバーホールを始めると、次のオーバーホールの自転車がやってくる。持ち込み自転車の再セッティングのお客様が続けてやってくる・・・。
やっぱり、練習会やブログの影響でしょうか?

今回も、「他店で購入したけど、そこから先が・・・」と言う自転車の再セッティングをさせていただきました。
しかし、セッティング以外に問題点が見つかることがよくあります。たとえば、カーボンのシートピラーを抜いたときに、ピラーに何も塗らずに差し込まれていることがよくあります。
カーボンピラーは表面がツルツルで滑りやすいので、そのまま差し込むと滑って下がってきたり、滑るからと言って強く締めすぎると割れてしまったりまします。また、長い時間そのままにしてていると抜けなくなってしまうこともあります。
そこで、基本的にはカーボン専用のアッセンブリーグリスを使用します。

DSC01526.jpg


フィニッシュライン・ファイバーグリップ 50g=¥1,155-/450g=¥5,880-

DSC01523.jpg

Most・セーフアッセンブリーコンパウンド 7g=¥420-

名前はメーカーごとに様々ですが、使用目的は同じです。カーボンフレームと言っても、基本的にはカーボンで強化したプラモデルのようなものです。通常のグリスを使用するとグリスの油分でフレームを溶かしてしまいます。そこで、シリコン系の攻撃性の少ないグリスにザラザラの粒を混入させた物がカーボンパーツのアッセンブリー用として用意されています。

DSC01527.jpg

こんな感じで使います。

<使用前>
DSC01531.jpg
ツルツルですが、

<使用後>
DSC01533.jpg

こんな感じで、しっかり塗りこみます。勿論フレーム側にも塗っておきます。そうする事で、ピラー部分からの水の侵入も防ぐことができます。小さな手まで、効果は抜群。と言うか、とても大切な作業です。
DADDYでお買い上げ頂いた自転車は、勿論しっかり塗ってありますが、これを読んでいる方の中には他店でお買い上げの方もおいでになるかと思います。
シートピラーを、チョッと抜いてみてください。ザラザラのグリスが塗ってありますか?
ブログランキング参戦中!
クリックしてくださいね↓

PINARELLO・ピナレロ、RIDLEY・リドレー、LOOK・ルック、COLNAGO・コルナゴ、GIANT・ジャイアント、MAVIC・マビック、SIDAS・シダス、MBK、BH、SIDI、Inter-Max・インターマックス、KUOTA、その他、ロードバイクの事ならサイクルショップDADDYにお任せ下さい。



テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

昨日はセッティング&ペダル交換”ありがとう”ございました。また色々とお世話になると思いますが~ヨロシクお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。