プロショップって?

image1115039816s.jpg

ここ一ヶ月の間に、問屋関係の方が何名かお見えになった。
その皆さんが口裏を合わせた様にに言われるのは、「何処のお店もプロショップとは言うものの、プロショップとは呼べない店が多い。」との言葉。
皆さんが共通して指摘するほどだから、本当なんだろう。
問屋さんから見れば、お店の組み付け一つでフレームの評価も変ってしまうので、神経質にならないといけない部分でも有る。
素人目に見れば、同じ自転車で何処が違うの?って所だろうが、プロが見れば一発で解る。

最近、名古屋市近郊のプロショップといわれている有名自転車店の自転車を何台か組み直した。
皆さん、組みなおした後には驚くほど変ったといってくださる。

その中の1台の○REK(うちでは○REKは扱わないので、仕方なくよそで買って来た様。)は一度も乗らないうちにDADDYに持って来て、「ポジションを合わせてください。」との事。
なんとも情けない組み付け。
そんな事を自分がされたら、俺は店をたたむ。
同じ店のコ○ナゴも、組み付けが甘い。BBのフェイスカットはモチロン無し。アウターワイヤーの下処理や、インナーワイヤーのエンド処理が気に入らない。
岐阜県内で組まれた○PECIA○IZEDは、一見綺麗に組まれていた。
久しぶりに合格点を与えられる出来だと思った。が、ばらして見てガッカリ。
やはり、ワイヤー処理が甘い。
ただ切って差し込んだだけ。面取り加工がされてない。
写真左が自転車に組み付けてあったもの。
写真右が私が加工し、組み付けるもの。
これだけでもブレーキフィーリングは変ってくる。
ワイヤーエンド処理も、アルミの物と、私の行ったハンダ処理では美しさが全然違う。
しかし、どれも特別な事ではないはずだ。
プロショップと呼ばれる店なら当然行っても良いと思う作業に過ぎない。
当たり前と思っていた作業で喜ばれる・・・
一体何処からがプロショップなのだろうか?
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する