スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どえりゃ~ええっす!?

「どえりゃーええっす」と噂の「7900デュラエース」を試してみました
P1030503.jpg
今までのSTIシリーズと大きく違う点・・・

先ずはルックスから・・・

1.ナマズのヒゲの様なシフトワイヤーが無くなった事で、ハンドル周りが非常にスッキリ!
2、ブレーキレバーが外側に大きくオフセットされ、ブレーキングし易くなった事。
P1030499.jpg
3、シフトメカがブラケット部分に移されたことで、レバーヘッドが小さくなった事。
P1030501.jpg
ルックス的には「スラム」のレバーに良く似ています。

シフトの違い・・・

1、ストロークが小さくなり、クリック感がしっかりしました。

その反面、一気に3段分を変速することが出来なくなりました。(2段になりました)
しかし、カチッ、カチッ、といった操作感は少しカンパに近づきました。

2、フロントメカのトリム操作が不要。

フロントメカが、チェーンに干渉しにくくなりました。
フロントの変速も、小さなシフトストロークで変速が可能になりました。

STIレバーの取り付けバンドにもチタンが採用されるなど、軽量化にもとても気配りされている用に感じました。
機能やデザイン的には、カンパやスラムを後追いした感じは否めませんが、シマノとしては全体にスマートさが大きく進化した感はあります。

10速シマノを7900化する最小限のシステムは・・・

STIレバー+フロントメカ。

他のメカはそのままで7900のスッキリSTIレバーを導入できます。
私も、リアメカ・スプロケット・クランク・チェーンは以前のシステムのままです。
P1030498.jpg
P1030496.jpg
全く不便は在りません。

とにかく、クリック感は105と比べれば別世界の感覚です。

直接触れる部分は重要です。105からの「プチ・グレードアップ」は如何でしょうか?

DADDYでお試しいただけます。

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。