2007古城グリーンロードレース

2007/08/05 今年も丸岡にやってきた。

前日土曜日、届いたばかりのプリンスカーボンの純正ハンドルを取し、よりポジションの低いITMのハンドルに交換。
わざわざポジションの出ていないPRINCEを持っていかなくてもPARISで走れば良いのだが、どうしてもレースで試したい。と言うことで、急遽組み直しを決定した。
2007_MARU-009.jpg
急いで店を出発したのが12時過ぎ。予定よりも1時間ほどの遅刻。
丸岡に到着後早速試走。来る度に、距離が短く坂が楽に感じる。
夕食では、いつものように酒を飲み、いつもよりも早く23時頃就寝。

朝3時に目が覚めた。5時まで寝たいが眠れない。5時までベットの上で作戦を練る。。。
5時半出発、直ぐにいつものグレープフルーツジュースとおにぎりを2個。
シニアAのスタート時間は9時29分。7時過ぎ、アップ開始。

8時にアップを終了し、最前列に自転車を並べる。レースはスタート位置取りから始まっている。先んずれば制する。
スタート30分ほど前に整列し、スタート位置へ移動。

スタート3分前、スタートラインに着く。
昨年の覇者、福井の寺崎君から声が掛かる。彼は今年は走らない。
つまり、今回は優勝のチャンス!

シニアA/スタート!
前半は5番手~10番手ほどで他の選手の動きを観察。
川沿いの道路を抜けて広い道に出るとどんどん外から上がってくる。
トンネル手前の坂がきつくなるところが先ずポイント。
置いていかれないように位置を上げる。
しかし、トンネルが近づくにつれペースダウン。邪魔臭いので一気に先頭に立ちトップでトンネルに入る。
トンネル内でボトルを口にしていると、一気に一人が仕掛けて行った。
「一人ならば泳がせて置けばよい。」数名を前に送り込み、坂を下った。

坂を下ってみると、思った以上に逃げ選手との距離が開いている。周りに声を掛け、先頭交代を繰り返しながらペースアップ。残り5Kmほどのところで捕まえることが出来た。そこから、集団は一気に殺気立つ。

最後の曽々木の登り手前での仕掛けを牽制し、集団が大きく広がる。
が、ペースが上がる様子が無い。集団を刺激する為に、ここで一気にスパートを掛けて様子を見た。
坂を先頭で通過。下りに入って振り返ると誰も反応していない。
ここから約2Km。一人で逃げるのはチョットつらい。
少し集団の動きを待っていると、その中から一人が飛び出してきた。
追いつきざまに一気に交わしていく。「使える!」
集団はまだ反応していない。一か八か!のギャンブルだが、つかまってもゴールスプリントなら自信が有る。
それなら安全な逃げを選ぶべきと判断、二人で交代をしながらゴールに向かう。
何度も後ろを確認。集団は横に広がっている。「しめた!牽制が始まっている。」「逃げられる!」
しかし、多勢に無勢。距離は徐々に縮んでいる。
ゴール400mほど手前、スプリントするには距離があるが、一気にペダルを踏み込んだ。
2007_MARU-034.jpg

ゴール手前100m。後ろを振り向き、追いつかれないことを確認。
2007_maru-036.jpg

ホッとした瞬間、無意識にジャージのファスナーを上げ万歳ゴールの準備をしていた。
そして、ゴール!両手の人差し指で天を指すお決まりのポーズ!

これで今期3戦3勝!
副賞のコシヒカリ50KgもGET!

2007_MARU-059.jpg

さあ、次はシマノ鈴鹿。この勢いで何勝出来るか・・・

(ピナレロ PINARELLO 2008 プリンスカーボン 関連記事)
コメント

三連勝!そんなフレームありましたよね。
まずはおめでとうございます。
過程の勝利、めざすは全国ですね。
ミラノちゃん、奥さん、お店の力が日頃の地道な練習や自制を支えているのでしょう。
結果ではなく、そんな日々の姿をチームの皆さんお客さんは見て、信用信頼をしているのだと思います。
でも結果もみんなの楽しみの一つです。
がんばって、今年のゴールはもうすぐそこです。

ありがとうございます。
毎日「節制」等という物には程遠い生活をしておりますが、結果だけは良いのは「年と共にずる賢くなった」と言うことでしょうか?
あと3ヶ月、最高に上手いビールを飲むためにがんばります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する