「THE PRINCE RETURNS」

ついに、プリンスカーボンが私の元に帰って来た。
DSC05952.jpg

(ピナレロ PINARELLO 2008 プリンスカーボン 関連記事)
予想以上に早い到着に感動。早速、箱から取り出して組み立て。
いくら新車といっても、そこはグランフォンドを走った戦友。
所々に有る汚れがそのまま。
自分の汗、ドリンクの汚れ、ブレーキの跡、一つ一つの汚れがとても愛しい。
そして、ファウスト(ピナレロ社長)からのプレゼント。
直筆の彼のサイン。
DSC05953.jpg

そして、私名前。
DSC05955.jpg

まだ、
商品モデルが入荷前の到着。
私が日本一早い「プリンスカーボンオーナーになった。」

グランフォンドでは指定サイズのハンドルが無く、セパレートのカーボンステムとカーボンハンドルのセッティングだったが、納品された自転車には限定仕様のハンドル(指定サイズ)がセットされていた。
DSC05958.jpg

とにかくかっこいい!凄くかっこいい! だが・・・
ハンドルの高さが合わない。このままでは高すぎる。
低い姿勢の私には、ハンドルドロップが小さすぎる。あと2Cm。
このままでは、ゴールスプリントで使えない。

ハンドルを交換して、セッティングの見直しをしなければレースでは使えない。
明日から出発する「丸岡」のレースで使いたかったが、ん~ん、難しそう・・・

(ピナレロ PINARELLO 2008 プリンスカーボン 関連記事)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する