FC2ブログ

MERIDA REACTO 7000-E シェークダウン

遂に、ディスクロードを導入です。

DSC02848.jpg
いよいよディスクロードの波が来ています。そんな波に乗り遅れることなく、ショップとしては色々なノウハウを蓄積していかなければなりません。と言うことで、自分用のディスクロードの導入を検討してみました。

いくつかの候補車に乗ってみましたが、

1,.PINARELLO DOGMA F10 DISK ・・・メッチャ良いけど、F10持ってるし、値段が・・・
2. MERIDA REACTO DISK TEAM-E ・・・メッチャ良いけど、ホイールいらないし、値段が・・・
3. MERIDA REACTO 7000-E  ・・・乗り味、パーツ構成、価格のバランスが素晴らしい!

という事で、MERIDA REACTO 7000-Eに決定しました。

今回のMERIDA REACTO 7000-Eは、セカンドグレードのCF2フレームとなり、フレーム剛性はトップグレードのCF4フレームには及びませんが、スルーアクスルでエンド部分が結ばれることで、クイックシャフトのフレームよりも剛性が上がります。
CF4よりもマイルドな乗り心地で、CF2よりも高い剛性。言ってみれば、CF4とCF2の中間のCF3(存在しませんが)と言ったところでしょうか?そのフレームにアルテグラDi2のセットで¥520、000-は大変お買い得な価格設定です。
という事で、オイルディスク+電動メカ+チューブレス(後記)という最先端でお買い得モデル・・・これが決定理由です。

さて、自転車の組み上げです。

クランクと変速機は、手元に余っているローターパワーLTと9070デュラエースに交換。
ローターの楕円リングは、こう言った硬めのフレームでのペダリングを非常に楽にしてくれます。

DSC02853.jpg

ハンドル&ステムも、カーボンエアロ系のものと水平タイプのステムに交換しました。

DSC02855.jpg

次に、私はカンパ愛用者なので、乗り換え時にシフトミスをしないように、Di2のスイッチは通常とは反対に設定しています。ですから、下ハンを握った時のアップシフトは上のボタンに指がかかりにくくてやりにくいのです。という事で、、スプリンタースイッチは必須アイテムです。そこで、Di2で愛用のスプリンタースイッチを付けようとしたのですが・・・

なんと!なんと!8070のレバーには、スプリンタースイッチは付かないじゃないですか!!! 

これは一大事です。

シマノのイケズ!

何で同じDi2でそんな意地悪をするのでしょうか?

仕方がないので、ハンドルのフラット部分に付けるスイッチをすプリンタスイッチ代はりにセット。

DSC02860.jpg

次の問題はサドル・・・

愛用のSMP・コンポジットは、シートピラーの形状の関係でフラットが出ない。(大きく前下がり)

でも、サドルはSMP以外は考えられない・・・・

そこで、テストサドルをいろいろと比べててみると・・・

39921083_1228031070671906_997136327747043328_n.jpg

kryt 3 が一番前下がりが小さくなりそうだったので試したところバッチリ!

DSC02854.jpg

完成車としてセットされているホイールは、フルクラム・レーシング400・DB.
このホイールは、レーシングクワトロ・DB と同じホイールだそうです。
そして、フルクラムのアルミディスクホイールはすべて2WAY-FIT
つまりチューブレス対応です。

DSC02859.jpg


付属のクリンチャータイヤ「コンチネンタル・グランプリ・レース」のまま乗ってみましたが、全体的に固く感じ、荒れた路面はちょっと辛いかな?といった印象でしたので、お気に入りのMAVICのUSTチューブレスに交換してみました。
タイヤも脱着もMAVICホイールにはめるのとなんら変わりなく手でスムーズイン!タイヤレバーは不要でした。

※チューブレス化には、チューブレスタイヤ・チューブレステープ・チューブレスバルブ・タイヤシーラントが別途必要です。

DSC02858.jpg

走り比べてみると、明らかに乗り心地が良くなりました

そして、倒し込んだ時のタイヤのグリップ感がアップ!

そして今回一番の課題点・・・ディスクブレーキ!

DSC02857.jpg

過去のディスクブレーキの様な、ドッカン!ガッツン!ドッキリ!と言うような事はなく、意外にもなめらかな効き心地でした。
但し、レバーコントロールのストロークはワイヤー式に比べて小さくなることと、レバー自体が遠くなることもあり、使いやすさではワイヤー式に軍配が上がりますが、雨天の制動力やリムを傷めない点、フレームの剛性が上がる点などのメリットも多く、選択して損はないと私は感じました。

今回は多くのパーツを組み替えてしまいましたが、私が試したかったのはディスクロードのフレーム剛性とブレーキフィーリング。という事で、その部分は純正のまま残しております。

昨年モデルチェンジした メリダ・リアクト

登れるエアロロードとして、私のおすすめの一台です。

10月20日(土) 2019メリダ試乗会開催 

この機会に是非、ディスクロードをご体験ください。

https://www.facebook.com/events/614748568927668/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する