Di2のバージョンアップとカスタマイズ。

Di2プログラムのバージョンアップは行っていますか?

IST9070L-L.jpgrd9070.png

皆さんは、Di2プログラムのバージョンアップが、度々あることをご存知でしょうか?

これによって、6770(10S)と6870(11S)や9070(11S)のミックスが使えなくなってしまったことは残念ですが、プログラムの見直しによるバージョンアップは9070&6870ユーザーにとって見逃してはならない情報です。

バージョンアップによって変速性能の向上はもちろん、変速スピードや変速段数のカスタマイズなどを行う事が出来ます。
また、商品の出荷時にの違いにより、FD・RD・STIなどのパーツによってプログラムのバージョンが違うことがよくあります。
これを修正するためにも、プログラムのバージョンアップをお勧めします。

プログラムのバージョンアップには、専用のアプリケーション E-TUBE PROJECTと、SM-PCE1またはSM-BCR2が必要となります。

こちらからダウンロードできます。⇒ http://e-tubeproject.shimano.com/?lang=ja

SM-PCE1
bikeonnet8883_shimanosmpce1.jpg
SM-BCR2
ISMBCR2-L.jpg

SM-PCE1SM-BCR2の違いは、SM-PCE1は充電機能はありませんが、プログラムのバージョンアップ、変速のカスタマイズ、故障などのエラーチェックが行えます。
SM-BCR2は、内装式バッテリーをお使いの方は充電器としてお持ちして頂いているはずです。
(※外装バッテリーの充電はできません。)
これを使えば、プログラムのバージョンアップとカスタマイズが可能でが、エラーチェック機能はありません。

どちらもお持ちでない場合、DADDYでバージョンアップをお受けいたします。

9070&6870 バージョンアップ&カスタマイズ=¥1000/1回

カスタマイズは是非行ってください。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する