ミニベロの改造

最近の私の相棒をプチ改造です。

DSC08881.jpg

最近のもっぱらの相棒になったミニベロ。
少しの時間でも、着替えることなく出掛けられるところが最大の魅力です。
しかし、納車のデフォルト状態には多少の不満があります。
そこで、色々と手直しをしているのですが、今日の改造は、フロントブレーキ。

この自転車は、Vブレーキとキャリパーブレーキが使用できるように設計されていますが、デフォルトはVブレーキ。
テクトロのグレードの低いものがセッティングされているので効きはよくありません。
そこで、レバーと共にシマノのキャリパーブレーキに交換することにしました。
キャリパーブレーキはショートアーチが装着出来ず、ロングアーチとなりました。

装着自体は簡単ですが、ハンドルを切るとブレーキワイヤーがフレームに干渉することがわかりました。

DSC08883.jpg

このままハンドルを切ると、ブレーキワイヤーが折れ曲がってしまったり、シフトワイヤーやフレームに傷がついてしまします。

そこで一工夫。

下の写真は、ブレーキワイヤーの止めねじですが、

DSC08886.jpg

先ずはこれを外します。

DSC08885.jpg

そして、上側のワイヤー受けですが…

DSC08887.jpg

これも外してしまいます。
そして、これが下のワイヤーストッパーネジと同じネジ径なのが味噌です。
これを、プラスティックのダイヤル部分を使わずに下向きに取り付けます。

DSC08888.jpg

そして、下側からワイヤーを通していきます。

DSC08892.jpg

この時、変速バナナを使用するとワイヤーの取り回しが楽になります。

また、変速バナナを取り付ける場合は、アウター受け内にあるアウターキャップを上手く取り外す必要があります。

DSC08898.jpg

そして、通したワイヤーはワイヤーストッパーで止めます。

DSC08897.jpg
DSC08896.jpg

今回は、ホームセンターでこのような金具を購入しました。

DSC08890.jpg

これで、問題なくハンドルを切ることが出来ます。

DSC08895.jpg

これはフロント側ですが、シャフト長の問題からリアブレーキの装着が必要でした。
ブレーキシューの向きにも要注意です。リアは問題なく簡単に装着できました。

これで、ブレーキの効きもバッチリです!

この冬は、この自転車でまったり、ゆっくり、バッチリ、自転車を楽しみます!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する