スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイクを飛行機で運ぶ。

ロードバイクを飛行機で運ぶ際のノウハウをご紹介します。

DSC08437.jpg
ツール・ド・おきなわ 等の遠方の大会に参加する場合、必ず必要なのが自転車の梱包。
色々なメーカーから色々なバッグ類が出ていますが、何を基準に選べばいいかをお教えします。

先ずは、空港まで電車移動で自転車を運ぶ場合。

Comfort.jpg

シーコンなどのナイロンバックにキャスターが付いたものが便利です。
ただし、それは空港までのお話。空港で荷物検査を受ける場合、必ずエックス線検査機を通す必要があります。しかし残念ながら、シーコンのバックは大きすぎてこの検査機を通す事が出来ません。飛行機に乗るのに、いちいち中を開けて目視での検査を受けなければなりません。更に、中に工具バックやシューズバック、ヘルメットバックなどがある場合には、それまで開けて検査がなされます。これには相当な時間をロスしてしまいます。
個人参加の場合はそれでもいいかもしれませんが、チームでの参加となると検査場を渋滞させることにもつながり、周りにも大変な迷惑をかけることにもなります。さらに、このタイプは過去に機材故障などのトラブルも少なくありません。
また、移動先でレンタカーを使用する際もかさ張り、キャスターでバッグが動いてしまうので非常に運びにくい思いをします。
実はTeam-DADDYでは、飛行機移動でのシーコンの使用は基本的に禁止(ご遠慮いただく)事になっています。

そこでお勧めなのが、premier パネルガードバイクケース です。

DSC08438.jpg

取り外し可能なキャスター付きで、しかも幅が狭いので邪魔になりません。レンタカーへの収納性も抜群。四角なので効率よく荷室に詰め込む事が出来、団体でのレンタカー台数を減らす事が出来ます。また、セミハードケースなので自転車を傷める心配もほとんどありません。

なんと言っても嬉しいのが、空港のエックス線検査機にそのまま通す事が出来る事です。

ケースを開ける必要が全くありません!空港での、時間短縮にはとても有効です。

DSC08439.jpg

しっかりした箱をさらにファスナー付きのしっかりしたナイロンバックで包むので、ヘルメットやシューズ、工具やポンプ類を一緒に入れても全く荷崩れしません。

さらにオプションのフレーム固定台を使用することで、収納時の安定性が増します。

DSC08448.jpg

また、箱自体もマジックテープで組み立てられていますので、使用しないときには折りたたんで小さくすることが可能です。

DSC08449.jpg

価格は、バイクケース=¥18000+税、フレーム固定台=¥6000+税 ととってもリーズナブルです。

単発で使用するなら、自転車用の段ボール箱が断然おすすめです。(高さは75~80cmまで)
しかし、繰り返し使用されるのであれば、premier バイクケースをお勧めします。

DSC08438.jpg
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。