スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CARRERA SL

20150615223504b45.jpg
CARERA SL

20150615223502942.jpg

2015モデルでは SL730 と改名され、新たにアンダーグレードの SL950 が加わりました。

730と950の形状は全く同じ。違うのはカーボングレードです。

730と950はそれぞれフレーム重量を表しますが、これは塗装の無し、付属品無しの全くのヌード状態の重量です。

しかし、実測で730と950の重量差は120g。(フレーム&フォーク&HPなど装着状態で比較)

730gは??? ですが、十分に軽いフレームです。

さて、730&950、どちらも乗ってみました。(所有です)

先ずは、新しい950から…

「グランフォンドモデル」を謳うだけに、乗り味は悪くありません。決してまったりではなく、キビキビと走ります。

重量も充分に軽く、何の不満もありません。

レースにだって、充分に対応します。

730と950、比べれば重く見えますが、950だって充分に軽量なフレームです。

950グラムで走らせようと思えば、それなりの剛性は必要です。

当然、必要十分な剛性はあり、その剛性と乗り味が微妙にいいバランスを生み出しています。

軽さ、乗り心地、安定性、全てが高次元でバランスしています。

極端な話、どんな人が乗っても問題はないでしょう。バランスがとにかく絶妙です。

この性能で¥240,000+税 とは驚きです!

さあ、730SLです・・・

950に比べ、反応が速いです。

ロス感のほとんど無い踏み出しに少々驚きます。

950よりも剛性感は高いのですが、ガチガチではありません。

このフレームは、力ずくで踏み込んだり、力ずくでダンシングするよりも、ケイデンスを上げ、肩の力を抜いてダンシングすると、スイスイと進んでくれます。

この感覚には思わずニンマリです。

「省エネ走法」こそ、このフレームの真骨頂です。

しばらく、この CARRERA SL (SL730)との付き合いになりそうです。

標準価格=¥380,000+税 ですが・・・ご相談ください。

きっと、後悔はありません。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。