スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願達成。

ついに、店の二階にプロジェクターを設置!
以前からプロジェクターを使ってレース画像を流したいとの考えはあったが、価格的にもハードルが高くてなかなか手が出なかった。
しかし今回、格安でプロジェクターをGET!
80インチ程度の大画像で、ジロ・デ・イタリアや、ツール・ド・フランスなどのレース画像を楽しめるようになった。
DSCF2005.jpg

スクリーンはあまり上等な物ではないので裏から透けて見えてしまうが、それが返って好都合。夜は外に向けての映画会!
瑞浪の新名所になる事間違いなし!???
しかし、昼間は裏から光が入るのでなんとか見る事が出来る程度。
それではと、裏に遮光カーテンを取り付けて二重スクリーンで問題解決。
ついついレースに見入ってしまい、仕事の手を休めることもしばしば・・・・
みんな、見に来て下さいね!
スポンサーサイト

5月24日/定休日・・・

脚部の痛み対策で、PARI’Sからアンカークロモリに乗り換え、大腿二頭筋の負担を減らすために前乗りに変更。
そのせいか?いつもの痛みは和らぎ、何とかトレーニングになるようになってきた。
今日は店にプロジェクターの設置をしてから、夕方4時過ぎになってからトレーニング出発。
らっせい三郷までの予定が、体調が良く、最近の練習会コース「三郷~恵那IC~笠置橋~竹並橋~藤~店」の約60kmのコースを周ることに。
前半を押さえ気味のペースで走った事で後半のペースも上がり、休憩時間を入れても約2時間。
練習会で皆と走るよりも速いペースで周ることが出来た。
皆と走るとついつい釣られて前半のペースをあげてしまうが、一人で走るとペース配分も正確に出来、帰ってよい練習が出来るのはちょっとむなしい。
しかし、今日はいい練習だった。

疑問だらけの自転車界。

今日は、ツアー・オブ・ジャパン・南信州ステージ。
チームメンバー他4名で朝の7時に飯田市に向かって出発。
8時頃飯田に到着し、自転車を下ろしてスタート地点の飯田駅方面へ移動。
飯田市の街は意外なほどの大きさだった。
パレード走行が始まり、目の前を選手の集団とチームカーの車列が通り過ぎていく。
DSCF1978.jpg

車列を自転車で追走していると、訳の良く分からない市民たちから「頑張れー」のコール。
去年もそうだったので心の準備は出来ていたが、なんだか照れくさい。
パレード走行終了後、周回コースに入った選手を追って天竜川に架かる橋を渡ったところでトラブル。
「ココから先に入ってはいけません!」と言うガードマンとサイクリストがもめている。
「自転車を持ってきてはいけませんと言ったはずです。あなたたちの行動が次回の開催の可否に係っています。」と関係者も叫ぶ。
ちょっと待った!そんな連絡を受けた覚えは無い。回覧板や連絡網で連絡したとでも言うのだろうか?
自転車レースを自転車で観戦に行くのは正しい観戦スタイルで、特別な人たちだけでなく、一般の人もロードレーサーに乗っていることをアピールすることが、自転車界の発展には大切なことのはず。
もちろんコース内を走ることはいけない。
しかし、マナーを守って観戦している人にまで上から物を言うような態度には納得できない。
今の自転車界の役員さんは、自転車乗りはすべて自分たちの支配下にいると勘違いしている。
そして、自転車乗りを大切にしていない。
だから、平気でスケート選手や他のスポーツ選手を自転車選手としてオリンピックに連れて行こうとする。
大きな大会を成功させることも大切だが、市民レベルのレーサーを大切にすることを忘れてはいないか?

高山ツーリング

5月3~4日に、ゴールデンウィークを利用して高山ツーリングに行ってきました。
DSCF1892.jpg

その様子を、チームのブログにUPしていますので、是非ご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。