雨の鈴鹿8耐。

今日は鈴鹿8時間エンデューロ。
エントリーは4時間男女混合クラスに、男2人女1二人で臨む。
今回のエントリーは、あくまでも沖縄へ向けての走り込みと仕上がりの確認。
勝つ為に走るのではない。

水曜日にひどい下痢でダウンし、木曜日に軽いぎっくり腰。
金曜日に針治療で何とか動けるようにはなったが、腹には力が入らない。
ぎっくり腰もいつ爆発するか不安だった。
10月に入って、かなり追い込んだトレーニングをこなしたので、その反動が来たのだろう。
体力的にもぎりぎりだった。

昨夜も仕事がなかなか終わらず、寝たのは23時半頃。
起床は2時半前で、睡眠時間は約3時間。
天気予報は雨、店を3時に出発。
出発と同時に、雨がポツリポツリ。
鈴鹿に着く前にはすっかり本降り。気が重い一日だ。

試走はしないでローラーでアップ。
もちろん自分が第一走者。
スタートから先頭集団の良い位置を取らなければならない。
如何にして先頭集団に残っていくかが今日のポイントだ。
予定は5周で交代。延長する時は前の周に合図する事に。

午前8時の8時間クラスのスタートから遅れる事3分。
雨の中を4時間クラスのスタート。

1周目、スタート位置はあまり前ではなかったが、集団の左をすり抜けて先頭近くまで位置を上げることが出来た。1周の通過順位は2位。
2周目からは、小さなアタックの繰り返しが続く。
エンデューロだというのに、まったく意味の無い動きをする奴が多い。
2周も2位で通過。
3周め以降も8時間の選手と先頭交代を繰り返しながらペースを保つが、意味の無いアタックを掛ける奴が後を絶たない。
それまでのペースは8分後半。
3周、4周共通過順位は1位。
5周目に入ってようやく集団のペースも落ち着きかけたので、このまましばらく集団で様子を見ることにした。
5周、6周、7周も通過順位は1位。ペースは9分台一桁辺り。
8周目、かなり集団のペースも安定したので交代の合図を出した。
第1コーナー手前から集団を飛び出し、集団から100mほど先でピットイン。
選手交代をしてしばしの休憩。

交替した選手も何とか先頭集団の通過に間にあったのだが、交代してから3周目あたりで集団から落ちてしまった。さらに4周目で大きく遅れる。
クラス順位は2位。

その後女子と交代。
少しペースをあげてくれたが、遅れてしまった集団は影も形も見えない。
4周で交替した時の順位は3位まで落ちていた。

交代してからの予定周回は5周。
エンデューロは集団から落ちたら最後、後は後ろからの追い上げを如何に交わすかだけだ。
ペースが合いそうな集団を待ち、合流しながら周回を重ねる。
5周回が終了し、選手交代。
その後は2人に任せて、暖を取る。

4時間経過。先頭集団から離されたまま無念のゴールを迎えたが、結果は26周/150Km。
男女混合クラス2位/58チーム。
4時間クラス総合20位/817チームとまずまずの結果であった。
DSCF0858.jpg

DSCF0857.jpg


閉会式では、久しぶりに会う「からみっちと」記念撮影。

DSCF0861.jpg


帰りは、銭湯で体を温めてから多治見の沖縄料理店で反省会。
たらふく飲んで食べて3千円也!

沖縄へ向けての仕上がりはまずまず。
後は体調管理だけだ。


日曜・・・練習会。

今日の練習会は、雨上がりで道路が濡れているせいか、久しぶりに人数が少なく7名。
どこへ向かっても、濡れ落ち葉や下水道工事でまともに走れる所が無い。
そんなことで、今日はサイクリングとなった。
釜戸から武並町藤を周って笠置ダム方面。
藤のダラダラ登りでは、「きこりさん」のの一人舞台。
木曽川に出て、大井ダムから蛭川に入った。
ここでも「きこりさん」のハイペースについて行けるのは私だけ。
彼は、重いギヤでも軽いギヤでもとてもうまく踏みこなす。
蛭川に入って、蛭川内を周回することに。
しかし、後ろを振り返るとすでに誰もいない。
とてもサイクリングと言えるペースではない。
遅れるメンバーを待ちながら、車の少ないコースを進む。
途中で、最近下げ気味にしていたサドルを思い切って3mmほど上げてみた。
ところがそれが大正解。
大腿二頭筋への負担が減り、痛みは半減。
四頭筋への負担が増えて、久々に腿前面に力が入るようになった。
さらに1mmほどあげてみたが、それでも問題なく踏める。
「ちくしょう!」なんで今まで試さなかったのだろうか!
今まで、二頭筋の痛みに散々悩まされて思うようなトレーニングが出来なかったのに、あと1ヶ月を切った今頃になって霧が晴れてくるとは・・・
しかし、あと1ヶ月でも良くなったんだから喜ばなければいけない。
昨年よりも力は付いているはずだから、痛みさえ取れればマイナス要素は無い。
さあ、また明日からやり直し。

本日は水曜日・・・

水曜は定休日なのだが、最近の水曜はメーカーの新作発表会が多くて自分に時間が取れない。
今日は、朝からGiroヘルメット等を扱う「PRインターナショナル」の発表会。
午前中に商談を済まし、高速を飛ばして店に帰ってのが12時半。
今日は金山回りのプチ乗り込み、140Km。
ボトルには、トリプルカーボを半分で「ハイポトニック飲料」を作り、残りは輪ゴムで止めてポケットに。
パワーバー2本を食べやすい各1/4にカットしてサランランラップに包み、パワージェル4個の合計約1,000Kcal。
しかし、予想される消費カロリーは、2,500~3,000Kcal。
後は身体のスタミナ任せ・・・どこまでもつか。
午後1時半出発。
連日のハイペーストレーニングでかなり追い込んでいるので、スタートからの身体の動きはちょっと重い。
土岐川沿いを多治見へ下り、可児を周って七宗の道の駅へ。ボトルを詰め直し、パワーバーを取って金山周り。
平地の平均ケイデンスは、100~110回転と調子は悪くない。
関~金山線のトンネルまでの上りも、90回転をキープで以外にハイペース。
距離(疲れ)と共にギヤは軽くなるが、ケイデンスは100回転キープで筋肉痛も出ない。
スタートから約100kmを約3時間。一人の割には結構なハイペースで走ることが出来た。
七宗のサークルKでダイエットアクエリアス(BCAA入り)を補給。
そこからはトラックの後ろについて、暫くの50km走行で超気持ちがいい!
しかし、スタート時間の遅さがたたり、可児まで来たところで回りは真っ暗。意外に早く夜はふける。
ライトを持参しなかったので、恐る恐るのローペースで店に帰ってたが、乗車時間4時間半。平均速度は30km/h超。
ギリギリの補給だったが、ハンガーノックも無くハイペースで走りきることが出来た。
帰店直後、グリコのBCAAとグルタミン、アミノアシッドをオレンジジュースに溶かしたカーボショッツで胃袋に流し込んだ。
疲れは有るが痙攣や痛みは無いので、「ダッシュ」しても全く問題ない。
こまめのエネルギー補給が、かなりの効果が有った様だ。
久々の「プチ乗り込み」も大成功。
去年以上の成績を『おきなわ』で残せそうな予感がしてきた・・・

沖縄まで、あと38日。

連日の雨で練習不足。3日で体重が2Kgも増え、70Kgを超えた。
危機感を抱きつつ、朝連に向かった。
せっかくの朝連も、POLARを店に忘れたために記録が取れない。
さすがに3日も乗っていないと体が重い。
自宅から岩村を回るコースをのんびりと、約1時間15Km/30Km位か?

夜連は8時半から。計3名。
「ゆっくり行きましょう。」とのお決まりの文句も夜連では死語。
釜戸手前でアップが終わり、旧19号線に入ると自然にペースが上がる。
40~45Km/h程で巡航するが、脈拍は140程度。
息も切れず鼻歌交じり。先頭を交代するとさらに脈も下がる。
和合で折り返し、駅前を通って再度釜戸方面へ。
旧19号線に入り、ペースは50Km/h超。
それでも脈は150程度。
いくらでも踏めるが、「ゆっくり」のお約束があったので後ろが千切れない程度に流して巡航・・・
のつもりが、1名が見当たらなくなっていた。
和合までハイペースで進み、肥田を周って駄知経由で店へ到着。
が、またしてもPOLARが途中で止まっていて記録がとれず・・・
多分1時間15分位/40Km程度。

沖縄まで、あと38日。
昨年よりも確実にレベルは上がっている。
この調子で仕上がれば・・・

日本競輪学校第92回生入学試験

今日は競輪学校の入学一次試験。
中部・近畿の受験者は、岐阜競輪場で試験が行われる。
夏から「受験生・森川大輔」のフォームを大改造と極秘トレーニング?
の成果が問われるときが来た。
店は定休日ではないが、そうも言っていられない。
高速を飛ばし10時半ころに岐阜競輪場に到着。

中部地区の試験は昼から。
11時ころにマッサージオイル2種類とニーウォーマーを渡し、
マッサージの仕方とその後ニューウォーマーを着けてウォームアップするように指示。
スタンドに上がり、近畿地区の試験を観察する。
合格の目安は、1分11秒台。
しかし、そのタイムを出す受験生はあまりいない。
最高タイムも1分10秒台と小粒な受験生が多い。

40名ほどの近畿勢の試験が終了し、いよいよ中部勢。
森川は2組目後発。(2名が時間差スタート)
フォームも安定し仕上がりも良いと、弟子の浅井から聞いていたが、
彼のベストタイムは合格ギリギリ。本番はどうなるか分からない。

両親が見つめる中、いよいよスタート!

スタートからの200mは15秒6。抜群に早い!
400m/27秒7(12.1)
600m/40秒6(12.9)
800m/54秒6(14.0)
1000m/1分9秒4(14秒8)
なんと自己新!でかしたぞ大輔!
それまでの受験生の中でも群を抜くベストタイム!
合格は100%確実だ。
お父さんの声は震え、お母さんは目を真っ赤にして泣いていた。

1ヵ月後には二次試験。
1000m/200m/学科試験/作文/身体検査/面接
この力なら、間違いなく合格するだろう。
両親に「ありがとうございました。」と何度も頭を下げられる中、
岐阜競輪場を後にした。

さあ、次は自分の番だ。
おきなわまで1ヶ月ちょっと。
しかし、夕方から雨・・・夜連は中止。
気持ちばかりがあせる・・・

日曜は疲れる・・・

夜連の疲れもたまり、今朝は最悪の体調。
しかし練習会は8時から・・・
最近はチーム員以外の参加者の多くなり、自分のトレーニングよりもレクチャーの時間が多くなってきた。
らっせい三郷までゆっくりとマイペースで足をほぐそうと走るが、なかなかほぐれない。らっせい三郷に着き少しマッサージをしてもらうと何とか痛みは取れてきたので、その後山岡経由で岩村町へ。
岩村ではお祭りが催され、大名行列?のような行列に遭遇した。
ゆっくり見学したかったが、練習会の途中・・・残念!
山岡の道の駅まではハイペースの先頭交代でスピード練習。
しかし、初めて来た客人と時々来るメンバーが先に行ってしまった。
これでは練習会の意味が無い。道の駅で注意をして店へ帰った。

しかし、練習会の後の仕事はつらい・・・
定休日なら、このままビールを飲んで一眠り。
沖縄まであと1ヶ月ちょっと。
あと1ヶ月ちょっとの我慢だ・・・