本日営業。

本日は定休日。日記を書くのは決まって定休日。それ以外に時間はない。
定休日と言っても、盆と正月以外はほとんど店で何かをしていることが多い。
そんなときに限って必ず来客が在る。店の掃除も出来ない・・・
今度からは『水曜定休』と大きな字で看板を出しておこう。

午前中はデスクワーク。午後からは岐阜競輪場で競輪選手のインソール作り。
HDバキュームで成型したインソールのフィット感にみんなビックリ!ついでに作る技術も誉めていただいた・・・
皆プロなのに認識が甘い!うちのチーム員なら皆使っているくらいなのに。

店に帰って後片付け。日記を書いて・・・風呂に入って・・・
今日こそ早めに寝よう!!!


あっという間の一週間。

前回の日記を書いてから早くも一週間が過ぎた。先週の土曜日、無理やり自転車を乗って帰った爺さん孫のお母さんから電話があった。「お休みところを、大変申し訳ありませんでした・・・」
一件落着。もしかして、この日記を読んでいた?

今日はMAVICの2006NEWモデル発表会。朝から名古屋へ。
キシリウムESも欲しいし、コスミックのフルカーボンも欲しい。
物欲を断ち切り、展示場を後に。
その後、バーテープの下巻き用の○○テープを調達して3時頃店に戻った。
店に戻り、早速トレーニングの準備。

今日はInter-Max・FORZAにカンパ・ニュートロンをつけて出発。

DSC03309.jpg

瑞浪高原経由三郷行き。ここの登りは短いくせにいやらしくキツイ。
上り始めは5~6%程度の登りだが、すぐに10%を超える九十九折が現れる。まともにインコースを攻めたら20%位の登りになるだろうか?
いつもは53*42/12-13のギヤを装着しているが、今日はニュートロンに13-26Tを装着している。しかし、26Tはまったく必要なかった。やはり軽い車輪は楽だ。
瑞浪高原から県道66号に入り、ペースは好調。前回とはまるで違う。
もともと硬く感じたフレームだったが、ニュートロンとの相性が良いらしく、シッティングのままアウターでグイグイ踏み込める。予想的中!これは具合がいい!あっという間に三郷に到着。
三郷に到着後、更に農面道路を回り恵那峡へ。簡保の宿で温泉に浸かり、本日終了。
明日の夜連はリラックス・・・

今回のカンパ・ニュートロンは、山岳用の軽量ホイールだけ有り踏みが非常に軽い。
登ではとてもありがたい車輪だが、細いエアロスポーツの採用もあり高速でも意外と走りやすい。
キシリウムの様に踏んだとたんに進むダイレクト感や、コスミックカーボンのように後ろから押してくるような感覚はないが、その分踏み込みやすく疲れにくい。
一般の人がオールラウンドに使う車輪としてはベストチョイスのひとつに間違いない。

腹が立つ!

一週間に一度の定休日。ゆっくりと休みたいところだが、一人でやっているとそうも行かない。
カーテンを閉めて、片付け仕事やら自分の自転車をかまったり・・・
夕方4時頃、自転車に乗ろうと鍵を開けたのが事の始まり。「誰か居らんかー」と叫ぶ声。「子供の自転車を取りに来た。今日はこれで3回目だ!」とお怒り。「今日は定休日ですから・・・いま、たまたま居るだけで・・・」と言うと、「そんなことは聞いてない。自転車は無いのか?子供(孫)が欲しがっているからもって帰る。」と言われる。こんな経験は初めてだ。今まで定休日と知らずに来店したお客さんは何人の居られるが、「そうでしたか・・・すいません。」「いえいえ、どうぞ!」と言う大人の会話が成り立ってきた。今回のように、子供が欲しがっているから自転車をよこせと言われたのは初めてだ。普通の大人なら子供に対して、「定休日だから我慢しなさい。」とか、「待っていなさい。」とか言うのが教育だと思うのだが、結局我慢できないのは自転車を取りに来た大人。
何だか、お客さんの悪口を言うようで後味が悪いが、店と客と言う事よりも大人と大人。自分も他所の店へ行けば客。客だから何でもありと言う態度はとりたくない。
「今の子供は・・・」とよく言うが、「年寄りの方がたちが悪い。」
こんな年寄りにはなりたくない。

今日は練習会。

7月からは、練習会は8時から。先週の内灘ロードが終わってから、火曜日の午前中に一人で乗り、火曜日の夜練で本気で走り、木曜の夜練で引きずりまわされて体力は限界状態。天気予報は9時から雨。もっと早く雨が降ってくれないかとの思いに反し、昼過ぎまで雨は降らなかった。
今日の練習会は11名+客人1名。いつものとおり、桜堂からの並走訓練を2往復。その後桜堂から瑞浪高原へ登り、R66経由で三郷へ。
登りに入ると、水を得た魚の「きこり氏」。水を得たというよりも鯉の滝登り。あっという間に姿が見えなくなる。
最近買っていただいた「VELOMAX/アセントⅡ」が非常に調子が良いと練習会にもはいてくる。本人いわく、「ギヤが2枚違う!」そうで、これでは鬼に金棒。こちらは重量無視の組み合わせ。インナーも42T。この坂は39Tがほしい。
一番最後から出発して何とか2番手で登りきったが、疲れのピークで心拍数が上がらない。結局きこり氏の姿を見ることなく頂上へ。
R66はヘロヘロモード。女子選手とともに三郷まで。
三郷の周回はパス。腹を押さえてトイレにうずくまる。疲労に加えての下痢・・・最悪の体調だ。
三郷からの帰りは、いつものようにバトルが始まった。
P氏、F氏が逃げる。泳がせながら第二グループで後を追う。ゴール手前2Km。先頭に出て一気にペースを上げて後ろを見ると二人旅・・・これでは面白くない。少しペースを落として後続を待つ。1kmほど手前で合流。さらにペースが上がったところで後方に下がり仕掛けを待つ。客人Y氏が仕掛けた。M氏に声をかけ追わせるが動きが重い。なかなか距離を詰めないので自分で踏み上げ前を交わす。
休むつもりが・・・ついつい火がついてしまう。
おかげでさらにヘロヘロ。店へ帰ってまたトイレへ・・・
今週一週間はおとなしく走ろう。